再発しない根っこの治療

歯の根っこの治療方法ってなに?

虫歯が進行して、残念ながら神経(歯髄)を抜かなくてはいけなくなった・・・
すでに他院で根っこの治療を受けたことがあって、根っこの病気が再発した・・・

一旦神経を抜いた歯は"死んだ歯"となります。
ここからは歯牙破折(折れたり割れたり)と、根っこの病気の再発との戦いとなります。

実は一般的な根っこの治療(根管治療)は、歯の根っこの中を大きくくり抜いていく治療なのです。

根管治療

最終的に、くり抜いた所にゴム状の薬剤と、金属などの補強材(杭のようなもの)を詰めたり、打ち込んだりします。
その上に土台やかぶせ物を作っていくのですが、くり抜けばくり抜くほど、
また太い補強材(杭)を打ち込めば打ち込むほど、歯は弱くなって破折しやすくなります。

詰め込むゴム状の薬剤や、補強材には抗菌性がほとんどありません。
つまり、菌に対抗する力が弱いのです。

お口の中に住む菌は、酸素が嫌いな菌(嫌気性菌)が多いのですが、根っこの中は、深いので酸素がほとんど届きません。
つまり菌が大好きな、繁殖しやすい場所なのです。

生きている歯であれば、体の持つ免疫システムで菌と戦えるのですが、神経を抜いて(抜髄して)死んだ歯は、免疫が働きません。
つまり感染を起こしやすいのです。

ですから、一回でも根っこの治療(根管治療)をした歯は感染の再発を大変起こしやすいと言えます。
そして一度根っこの治療を終了した歯(根管充填した歯)は、非常に再治療が困難になります。
再治療の時は、大きく根っこをくり抜かなくてはいけません。
すると再発するたびに歯はくり抜かれ弱っていきます。

そしてある日破折して(割れたり折れて)抜歯・・・となってしまいます。

この根っこの治療の問題を何とか解決したいと考え開発されたのが『抗菌性根充法』です。 

1.除菌
2.詰め物(充鎮剤)
3.土台→かぶせ物

抗菌性根充法の特筆すべき点

  1. 根っこの治療につきものである、再発がほとんど起こらない。
  2. 歯をほとんどくり抜かず、お薬の力で殺菌していくので、歯が弱らない。
  3. 治療回数を少なくできる。
  4. 何度も再発を繰り返しているような難治性の症例でも治る場合がある。
  5. 抜歯が必要なひどい状態の根っこの病気でも治せる可能性あり。


歯の寿命を延ばし、少しでも長く自分の歯で噛んでいくことは、

お口の健康もさることながら、身体の健康の為にも、優しい一番の治療法なのです。

PAGE TOP