神経を抜かない治療

神経を抜かない治療

虫歯が進むと、「ズキズキ」一日中痛むようになります。

そうなると、歯医者さんでは


「神経を抜きましょう!」


するとここからが大変!
麻酔をして歯に穴を開けられ、針の様な器具で治療をします。
さらに一旦神経を抜いて根っこの治療に入ると、何度も通院しなくてはいけなくなります。

何ヶ月か通いやっと最終的なお薬を詰めて・・・
かぶせ物まで完成して一段落したと思ったら、何年後かにまた再発して、また治療・・・

というパターンが非常に多いのが神経を抜くなどの根っこの治療です。

それではまず『神経を抜くなどの、根っこの治療』についてご説明いたします。

1.歯髄について
2.虫歯の進行で
3.歯髄が腫れる
根っこの治療について

こうなると通常の歯科治療では、神経を抜く(抜髄と言われる)方法を取ります。
厳密には歯の中に入っている部分の歯髄のみを切り取ります。
ですので骨の中を走る神経と血管の本幹は生きています。

時々神経を抜いたはずなのに痛いということがありますが、これは骨の中の神経が生きているからです。

しかし神経を抜いた(抜髄した)歯は"死んだ歯"となります。

死んだ歯は枯れ木と同じです。

生きた木は力を加えても、しなって折れません。
しかし枯れ木は力を加えると、折れてしまいます。
死んだ歯も同じで、折れたり割れたりしやすくなります。
折れたり割れたりした歯は、ほとんど抜歯になります。

根っこの治療について
当クリニックのモットーである、 "抜かずに歯を残す"ためにも、少しの神経も抜きたくありません。
しかし、一度感染を起こした歯髄の治療は困難であり、今までは抜髄が一般的な治療法でした。

特殊な薬剤を用いることで、感染を起こして痛みが出てしまった歯を、抜髄せずに治す治療方法を考案いたしました。

実際にたくさんの患者さんに施術し、大変喜ばれています。


神経を抜かない(抜髄しない)ので、歯を生かしたまま保存することができ、
歯の寿命が長くなります。

さらに治療期間や回数が大幅に縮まりますので、
時間的・経済的負担が少なくなります。

一度神経を抜いた歯は、もう元に戻りません。
歯を救うチャンスは一度しかないのです。ぜひお勧めしたい治療法です。 

PAGE TOP