メタルセラミック・ジルコニアセラミック

メタルセラミック・ジルコニアセラミック

メタルセラミック

メタルセラミック


長所


  • 歯の色調、見た目が自然
  • 内面(裏打ち)に金属を使用している為、丈夫で割れにくい
  • ほとんどの歯も使用できる

短所


  • 歯の内面は金属である

時代はメタルフリーへと進んでいますがメタルボンドには歴史があります。
伝統の技法で作るもっとも安定した最高技術の治療法といえるでしょう。
使用範囲が広くあらゆる症例で・機能回復・審美回復を可能にしています。


ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック


長所


  • 歯の色調見た目はメタルセラミックより優さる
  • メタルフリーの為、金属アレルギーの方も使用可能
  • 全面を白く作成するので天然の歯との見分けがつかない

短所


  • 非常に硬い素材である為、一度付けると外しにくい
  • 症例によっては使用できない場合もある

今一番の最先端治療といえます。

地方にいながら最先端の治療を受けられるのが当医院の最大の特徴です。


歯科技工士の役割

医療先進国では、マイスター制度があります。技工士が、直接製作する歯について『噛み合わせや、歯並び・歯の形態・色調』を患者様とのコミュニケーションの中で決定していくのが主流です。

つまり、技工士が製作物のキーマンとして、裏方ではなく顔の見える仕事をしているのです。

歯科技工士の役割
歯科技工士の役割
歯科技工士の役割


信頼関係はより良い製作物を作り、

患者様の輝く笑顔を作ることになるのです!!


歯科技工士の役割
歯科技工士の役割


当医院のセラミックは

全てにおいてこのような製作方法をとっております。


PAGE TOP